接着性ブリッジ

ブログの更新をしばらくしていなかったので、何について書こうかと考えたのですが、お問い合わせの比較的多い接着性ブリッジについてお話しさせていただきます。メリーランドブリッジと呼ばれることもあります

通常のブリッジとは抜けてしまった歯の両脇の歯の全周或いはほぼ全周を約1mm削って、抜けた部分をふくめた連続した冠形態の人工の歯を被せ抜けたところを補う治療法です。この治療は両脇の歯がすでに虫歯などで大きく治療してある場合は問題はないのですが、両脇の歯が健全歯或いは小さな虫歯の治療のみの場合、良い歯を削ることになります。

接着性ブリッジとは、抜けた部分の両脇の歯の表層を磨く程度(0~0.5mm)削り、冠形態ではなく薄い板状の金属あるいはセラミックと抜けた部分を補う人工の歯を一体成型し、削った部分に張り付ける治療法です。

これは、最近の歯科用接着剤が歯の表層組織であるエナメル質に強く接着することを利用した治療法で、両脇の歯が大きく摩耗していたり大きな虫歯のあったり、大きな治療を受けている場合には適応しません。

歯をあまり削らずにブリッジを入れられるのでメリットは大きいのですが、通常のブリッジに比べると外れやすいのが欠点です。また2歯以上連続して抜けているケースには適応できません。

接着性ブリッジは歴史的には30年ぐらい前から行われていますが、保険適応になってからは10年未満です。そのため行っていない医療機関の方がまだ多いようです。

ブリッジは通常型のもの、接着性ブリッジともに抜けた部分で噛む力を隣の歯が負担するので、削る量に関わらず両脇の歯の根を痛めるリスクが増えるので、全身状態に問題がなく治療費が負担できる人は、最近ではインプラントが第1選択になっています。

セラミック矯正って何?

最近、某大手美容外科のCMでセラミック矯正なる言葉で歯並びをきれいにする治療が宣伝されています。歯科医としては違和感のある言葉で、これは本来の歯科矯正とは全く異なった治療です。歯科矯正とはさまざまな矯正装置を用いて歯を移動させ、歯並びを改善するもので、歯を削ったりはしません。

セラミック矯正と呼ばれている治療は歯を削ってセラミックをかぶせたり、あまり削らずにセラミックを張り付けたりする治療です。歯科の専門用語では補綴とよばれる治療の一部で、ブリッジや入れ歯の治療の仲間になり、一般歯科医なら基本的に誰でもできなければいけない治療です。

ただ患者さんにとっては、セラミックを使って歯並びを改善する治療をわかりやすく表現する言葉なのかもしれません。

当院でもそのような治療は日常的に行っているので、今後は説明の時に使わせてもらおうかとも考えています。

CTスキャンの導入

今月末に新しいレントゲン装置3D CTスキャンを導入することになりました。3次元的にはや歯の周囲の骨などが観察できるため、有用な機械なのですが、なにぶん高価なものなので、当院のような小さなクリニックでは今まで導入できずにおりました。価格的に大分こなれてきたので、ようやく導入できることになりました。

今までは必要な際は、当院から歩いて20分ほどの専門業者にお願いしており、患者様にはご迷惑をおかけしておりましたが、今後は当院で十数秒で撮影できるようになり、ほっとしているところです。

受験シーズンに思うこと

大学入試センター試験も終わり、2月に入ると中学入試、高校入試、私学の大学入試、国立大学入試と受験シーズンが始まります。受験する本人はもちろん、家族も合否はもちろん”ノロやインフルエンザになって本番で実力を発揮できなくなるような目に合わないか”など落ち着かない季節です。

歯科医として最近この時期に気になるのは、医学部の難化と歯学部の易化です。私が大学受験した1981年当時、医学部と歯学部の間に今ほど差はありませんでした。母校の東京医科歯科大学では医学部も歯学部も同じ入学試験を受けるのですが、最高点は歯学部の受験生でしたし、2年前の1979年では合格最低点も歯学部の方が高かったと記憶しております。

我々のころは教養課程の授業は医学部と歯学部は一緒に授業を受けていたのですが、現在は医学部と歯学部の学生の学力差が激しく、難しくなっているという話を聞きます。

最近卒業して歯科医師になった母校の後輩と話をすると、受験の時、関東では比較的合格しやすいと言われる私学の医学部を併願したが不合格だったそうです。

受験勉強の成績が臨床歯科医師としての能力に、どれほどの相関があるかは定かではありませんが、研究分野においては明らかに関係があると思われます。

歯学部に勉強が得意な学生が来なくなることによって、日本発の歯科における新技術が生まれにくくなっていくことが、心配されます。

 

 

お口の中の定期検診とメインテナンスについて

虫歯も歯周病も、重症化するまで自覚症状がでない疾患です。そのため、自覚症状がなくても定期的に歯科健診やメインテナンスを受ける必要はあります。

虫歯の治療を受けたことのない人の虫歯や、歯周病は簡単な検診で比較的見つけやすいものです。しかしながら、過去に多くの虫歯治療を受けた方や高齢者の虫歯はレントゲンなどの精密な検診を受けないと見過ごしてしまうことがあります。この様な対象者は、会社や自治体の行う簡単な検診では不十分で、歯科医院での検診が必要になってきます。

検診に行く時期の目安ですが、年齢・虫歯経験の数・抜いた歯の数・歯周病の重症度などによって、さまざまで、1か月から1年といったところでしょう。

当院では、その方々に合った間隔の検診時期とメインテナンスをご案内しています。お気軽にご相談ください。